玄米を知ってください

まず、白米とは違い、玄米は「外側を覆っている『もみ殻』を取り除いた状態」のお米を指します。視覚的に見れば一目瞭然ですが、表面が少し茶色くなっているのが特徴です。

その茶色い部分が表皮(ぬか層)と呼ばれるもので、一般的には『ぬか』と呼ばれています。その部位が栄養素を豊富に含むのです。

お米の栄養素は、「ぬか層」「胚芽(はいが)」と呼ばれる部分にほとんどが凝縮されています(約95%)
精米した白米はこの栄養素の部分をすべて取り除いているので、玄米に比べると栄養価値が落ちた状態になっているのです。

ぬか層や胚芽の部分には、ビタミン類をはじめとした栄養素が豊富に含まれています。代表的なものでは、ビタミンB、ビタミンE、カルシウムやミネラルなど、人間の体に必要とされ、また現代人に不足しがちな栄養素を含みます。

また、お米の栄養素として広く知られている『炭水化物』は、ビタミンB1の効能により、有用なエネルギーへと変わります。
よく、「炭水化物を摂りすぎると太る」といった意見があるようですが、実はこれは認識違いで、本来、炭水化物はビタミンB1などの成分と同時に摂取することで体に有効的に作用するものです。
あくまで、脂肪となってしまう炭水化物は、ビタミンB1などの補助を受けずに吸収してしまった場合なのです。

炭水化物は人間の活動源として非常に大切な栄養素です。玄米などから摂取すると、その効能・効果の面からも、比較的効率よく摂取できるのではないでしょうか。

(引用 超簡単 玄米のおいしい炊き方)


低アミロース米を知ってください。

アミロースが少ないほどもっちりとして食感が優れる、多いほど硬くてバサついたご飯に炊き上がる要因と言われています。
もち米にはアミロースがありません。ところが一般のうるち米には17%~のアミロースが含まれます。